『陰陽』を知らないから家は3回建てないと理想の家にならない

ホリスティック 家づくりの流れ

家の完成をゴールにするから失敗する

今回はですね、知らないと絶対に損をするという衝撃的なタイトルがついています。ホリスティックな家づくりの流れというものを解説してまいりたいと思います。

皆さんもですね、家づくりに関して目標としているのはここじゃないでしょうか。家の完成ですよね。もう設計士さんと 色々綿密な打ち合わせをして、絶対に失敗しないように様々な情報収集をしながら完璧な家づくりを目指しておられるんじゃないでしょうか。

でも、実際にはですね、そこはゴールじゃないんですね。

むしろ、家が完成して、実際にこう、その家の中で家族が暮らし始める、ここが実際の家づくりのスタートになるんです。

家作りというのは、家が完成して終わりじゃなくてですね、家が完成した後、実際にこう住み始めて、どう自分たちの人生が変わっていくのか、そこまで設計をする必要があるということなんです。

そういった考え方というのをホリスティックっていうんですね。ホリスティックというのは総合とか総括とか全体という意味なんです。

なので、家作りもやはり家という箱ですね、箱が完成して終わりじゃなくて、実際にそこに住み始めてどう自分たちの人生が変わっていくのか、そこまでトータルでですね、考えていく必要があるんです。

こういったホリスティックという考え方というのは、もう既に医学、医療の分野ではもう取り入れられてます。さらに、美容という分野でも取り入れられていまさう。

しかし、この住宅という分野では、残念ながら家の完成、ここをゴールとして目指している、そこで終わってしまってるんですね。実際に家族がその家に住み始めてどのように人生に影響を受けていくかというところまでは考えられていない。

家づくりはホリスティックに考えるべき

ホリスティック業界

なので、ホリスティックという総括的、総合的、全体的という考え方には至ってないというのが現状なんですよね。では、そのホリスティックと全体として考えるのに何が足りないかというとですね、この3つなんですね。バインドボディ、精神この3つなんです。

医学に関しても、結局、痛いとか何かしら物理的な事象に対して治療をしていくというのが医学、医療、現代の医療なんですけども、 そうではなくて、内面からこの健康な体作りをしましょうというのがホリスティックな考え方なんです。なので、そこに必要なのはマインド、ボディ、精神なんですね。

美容に関しても、お化粧とかそういった外見の美容、整形も含めてですね、その外見を物理的に施術して美していく、していこうというのは1つの分野なんです。ですけども、そこからホリスティックという部分、内面ですね、内面から、その体の内面というのはマインド、ボディ、精神ですね。この3つの整えて内面から美しさを探求しましょうというのがホリスティック美容になるんです。

なので、住宅もですね、家という箱、素晴らしい外観、機能性の持つそういった箱、家という箱作りを完成、ゴールと目指すんじゃなくて、その家に実際に住んでから、内面ですよね、マインド、ボディ、精神が、その完成した家のエネルギーを受け取って、どのように自分たちの内面が変わっていくのか、そこまで見つめていくっていうのがですね、ホリスティックな家づくりという概念になってくるんです。

それはどうやって内面から家造りを考えたらいいのか、っていうのがこの陰陽五行という概念を使うんですね、陰と陽です。つまり、これまでの概念というのが、陽というもの、 頭の中で考えた家づくり完成系としてゴールを目指していたんですけども、陰の部分、 内面ですね、心、ボディ、ソウル、魂ですね、精神、この部分は陰という内面的な概念を持って、陰と合わせて家作りを推進していくっていうことが必要になっていくということになるんです。

そのときに使うのが、この陰陽五行という概念ですね。

家づくりの流れに「陰陽」の考え方を取り入れる

陰陽五行

その陰陽五行というものを、皆さん、ひょっとしたら風水じゃないかと考えられると思うんですが、この家造りに使うホリスティックという概念においては、 あなたが知る風水とは全く別物なんです。Youtubeの中でもたくさん風水に関する情報は出ておりますけども、全てそれはですね、やはり空間のエネルギー、『氣』というものを調整する技術です。

人の内面にはフォーカスされてないんですね。人の内面というのも、一般的な人の内面にも関わってくるんですけども、その家づくりに関しては、そこに住む人っていう個性っていうのは、家それぞれに違いますよ ね。なので、その人全体の内面だけじゃなくて、実際にその家が完成した後、その家に住む家族1人1人の個性にフォーカスしていく必要があります。

なので、風水は風水でも、玄界風水とかトイレ風水とか寝室風水とか、一般的なその空間の、場のエネルギーを整える風水とはま たく別概念で、ホリスティックな家づくりというのは進めていかなきゃいけないんですね。

そこで使うのは個人の影響が1番大きい、使う部屋の場所とその部屋の内装カラー、この2点に集約して考えていきます。

いやいや、篠田さん、間取り設計もやはりプロの設計士と綿密な打ち合わせをしてですね、もうこれだという間取り設計を、完璧な間取り設計を作ってますよ、と、あなたはおっしゃるかもしれません。

ではその間取り設計に、先ほど言ったホリスティックに使うですね、マインド、ボディ、ソウル、家族それぞれのマインド、ボディ、ソウル、それを考慮した間取り設計をしていますかっていうことを考えてみてください。

やはりそこは頭の中で考えた動線設計ですよね、この方が便利だよね、動きやすいよねとか、 そういった頭の中で考えた間取り設計は完璧なんでしょうけども、実際そこにその家族が部屋を使ったら、マインド、ボディ、ソウルはどう感じるのか、どのような影響を受けるのかっていうことは一切考えられてないですよね。

間取り設計には個人の磁性感応傾向を精査すべき

磁性感応傾向

それって何なのっていうとですね、実は磁性感応傾向っていうのが人にはあるんですね。

つまり、地球という磁力がありまですよね、それがこの魂の部分、マインド、ボディ、ソウルですね、その3つの部分が、人それぞれその感応傾向っていうのは違うんですね。場所によって、その磁性に関する感応傾向が違うんです。

それは風水で言うところの、本命家(ほんめいけ)っていうものにあたるんですね。これは、人は生まれた瞬間にですね、体内磁場というものを持つんです。それと、地球との、磁場の影響ですね、どう引き合うか、反発し合うか、そういったものを見るものが本命家という技術なんです。

なので、ネットで調べていただければ簡単に、その磁性感応傾向っていうのは、家族それぞれ方向性によって、どの部屋を使ったら安全なのかどうかっていうのが分かりますので、ネットで1度調べていただくといいかなと思います。

その時にですね、避けてほしいのは、絶命(ぜつめい)という場所があります。家族には1人1人絶対に使っちゃいけない部屋っていうのがあるんです。

それが絶命という本命卦でいうところの絶命というところです。もう命を絶つというぐらい、地球との磁場との相性が最悪な場所が1つありま ますので、そこは絶対、家族それぞれ部屋割りをする時にですね、絶対に使わないように避けていただくということを覚えておいてください。

内装設計には個人の五行バランスを精査すべき

五行バランス

そして最後に、その使う部屋の内装カラーですね、インテリアカラー、カーテンであったり壁紙であったり、カーペットの色であったり。そういったものも精査していたいく必要があるんです。

いやいや、篠田さん、これもインテリアコーディネーターさんの打ち合わせで、きちっとですね、完璧なインテリアコーディネートをしていただきましたよってあなたは言われるんですけども、家族それぞれのマインド、ボディ、ソウルを 精査して色柄を決めましたか?というところなんです。

多分、好きな色っていうものをヒアリングされてコーディネーターさんが提案してくれたと思うんですけども、家族1人1人の適性というものは見ていないと思うんですよね。

じゃあ、それはどういうもので調べていくかというとですね、四柱推命(しちゅうすいめい)という人の風水なんですけど、 これを使って調べるんですね。これを使うことによって、人それぞれが持っている五行バランスというものを調べることができるんです。

これもですね、ネットでぜひ調べてほしいんですけども、四柱推命の五行バランスと検索してください。生年月日と誕生時間で人が持つですね。五行のバランスがアンバランスなところがわかってきます。

それによって、使って良い色、悪い色っていうのが見えてくるんですね。

こちらのイラストなんかがわかりやすいんですけども、五行というのは、5つの五行エレメントがあるんで、 木と火と土、金属の金ですね、そして水と5つの五行というものがあって、それぞれ、このようにですね、 体の臓器にリンクしていたり、感情にもリンクしていたり、そういったところでこういったバランスというものが保たれてると、健康体なんですけども、多くの人たちはこの五行の構成要素がですね、多かったり少なかったりするんですね。

それによって、こういった臓器に リンクしてるので、ここが病気となって発症したりするとか、そういう理論があるんです。ここをバランスを取るために、このように5つの色がありますよね、これがその内装カラーに影響してくるんです。

このグリーンの肝臓に関する木の五行が多すぎる人に、さらにグリーンを好きだからといってグリーンを足しすぎると過剰になってしまう。そのようなバランスを取ることが、そのマインド、ボディ、ソウルの面からインテリアの色を決めていくという、そういうテクニックになっています。

家族の内面を精査する

このあたりはですね、インテリアコーディネーターさんもこういった技術を学んでいないとチンプンカンプンで、良い提案ができないで、 なので、家族のインテリアカラーは自分たちで調べて、インテリアコーディネーターさんに提案するぐらいの気持ちで、是非ですね、慎重に内装カラーは選んでほしいと思います。

そういった学びをすることもできるんですけども、緊急でですね、今すぐ決めなきゃいけないという方もおられると思いますので、私の方でKindleの電子書籍になりますけども、ホリスティックな家づくりの教科書というですね、 物件選びから間取りの設計、そして各部屋の内装カラーの決め方、その手順を具体的にこの本1冊で、家族の間取りから内装カラーまで、自分たちの手でコーディネートできるようにですね、ノウハウを詰め込んでおります。

よろしければですね、まず、こちらの電子書籍を読んで、自分たちの間取りのチェック、そして部屋の内装カラーのチェック、 それを自分たちで精査できるように、ぜひこの電子書籍を読んでいただいて、家作りをホリスティックな環境にぜひ活用してほしいんですね。

こちらの電子書籍を読んで、ぜひホリスティックな家作り、完璧に家が完成した後もですね、安全安心に暮らせる家を手に入れていただきたいと思います。

ホリスティックな家づくりの教科書

ホリスティックルームコーディネーター

前職はインテリア商社の営業マンながら物販の経験はゼロだったため、オーダーカーテンの通信販売における提案に限界を感じていた。そんな時に"陰陽五行"の存在を知り、コーディネート提案に仕組みを導入。

現在は、有限会社インテリアクレールで「初対面でも一瞬で顧客を虜にし、即決されるコーディネートスキル」を提供することを企業理念として、初心者からベテランまで幅広くインテリアコーディネーター向けにスキルアップの仕組み提供を行っている。

関連記事

  1. ホリスティックな家づくりを徹底解説
  2. human-robot
  3. インテリアがメンタルに与える影響
PAGE TOP